スポンサードリンク
umeboshi_67.jpg
kareki.gif

2008年10月24日

ヒト成長ホルモン

→ 戻る
→ 体の健康メニュー > 体がしぼまない様にする目次



ヒト成長ホルモン(hGH)


1.成長ホルモンの減少を抑える為に


 @適度な運動 
  ウォーキング、筋トレなど
   詳細はこちら → 適度な運動

 A一日7時間位はぐっすり眠りましょう
  夜更かししないでできれば11時前、
   遅くとも12時前までには
    寝ましょう。

  夜ぐっすり寝れると
   眠ってからおよそ3時間くらい、
    成長ホルモンが分泌されます。

  昔から寝る子はよく育つと言われている通り
   夜はぐっすり眠ることが大切です。

  夜ぐっすり眠るためには、
   体内時計が正常に働いている必要があります。

  体内時計を正常に働かせるためには、
   朝起きたら目をつぶって
    顔に太陽の光をしっかり浴びせてください。
     そうすれば体内時計がリセットされ、
     夜間の快適な睡眠につながります。

seichyohorumon.jpg








 Bバランスの取れたタンパク質を食べましょう
  目安として体重50kgの人で一日70g
 
  アミノ酸、特にアルギン酸
  (サプリメントでとれます。)


2.ヒト成長ホルモンの役割り


 @幼児期や成長期の役割り
  人の発育、成長を助けます。 
   背を伸ばしたり、
   骨の急激な成長を助けるなど。
   
 A成長が止まった跡の役割
  以下の役割を果たす為、体全体で一生使われます。
  ・筋肉を作る 

  ・傷をふさぐ

  ・心臓や内臓を作ったり、回復させる働きもします。
   肝臓や腎臓の成長もつかさどります。
   心臓の出力も強化します。

  ・若くて厚い皮膚を作る。

  ・骨を丈夫にする。軟骨の成長もつかさどります。

  ・エネルギーレベルを高めます。

  ・性的能力を高めます。

  ・シワを減らします。

  ・視力を良くします。

  ・気分を良くする事もあります。

  ・記憶力を高めます。



ヒト成長ホルモンはどうやって作られる


 睡眠中、視床下部から送られる促進剤と抑制シグナルに反応して
 脳下垂体で生成され、分泌されます。
 このホルモンの刺激で
  IGF-1(インスリン様成長因子-1)と呼ばれる成長因子が
   肝臓で分泌され hGHとともに成長をつかさどります。

 この成長ホルモンの分泌は10歳代後半がピークで
 30代前後から低下しますが一生分泌されます。



成長ホルモン補充療法


  遺伝子組み換え技術を用いてアメリカで盛んに行われています。
   残念ながら日本でこの治療を受けるのは困難です。

 続きを読む → 成長ホルモン補充療法

  
posted by 花翠 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131089065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。