スポンサードリンク
umeboshi_67.jpg
kareki.gif

2008年10月27日

男性ホルモン テストステロン

→ 戻る
→ 体の健康メニュー > 体がしぼまない様にする目次


男性ホルモン テストステロン



1.男性ホルモンはどこで作られる


 精巣で作られます。

テストステロンの血中値は生まれた時は高く
 10歳でいったん低下。
 20代でピーク。
 加齢とともに低下しますが
  50〜70歳でピーク時の60〜80%
 70歳を過ぎると急速に低下します。



2.男性ホルモンの役割


 ・人を男性らしくする働きをします。
  髭、産毛、低い声など。
  頭髪のはげに関係するかはよく分かっていません。
 ・積極性を高めます。
 ・性衝動を促進します。
 ・筋肉、皮膚、骨の形成を促します。
 ・精子の生産を促します。
 ・男性の泌尿器、生殖器、前立腺の成長を促します。



3.男の女性ホルモン、女の男性ホルモン


 ・男性ホルモンの一部は
   女性ホルモンに変わります。
    女性ホルモンは骨が脆くならない働きをしています。
    骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の防止に役立っています。
  閉経後の女性より同年代の男性の方が女性ホルモンが多く
   骨粗鬆症の男性は女性より少ない傾向があります。

 ・女性にも男性よりは僅かですが男性ホルモンがあります。
  筋肉の形成や性衝動をコントロールします。

 

4.男性ホルモン補充療法


 ・男性更年期障害というものが有るのか否か研究中です。
   症状としては 体調不良、自律神経障害、うつ病。
 ・欧米では男性ホルモン補充療法は
   男性更年期障害に対し良好な結果がでているそうですが
    専門医の指導と検査のもとに行う必要があります。

  続きを読む → 男性ホルモン補充療法






posted by 花翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。