スポンサードリンク
umeboshi_67.jpg
kareki.gif

2007年10月02日

女性ホルモン エストロゲン

→ 戻る
→ 体の健康メニュー > 体がしぼまない様にする目次


女性ホルモン エストロゲン


  エストロゲンは
  ・エストラジオール
  ・エストロン
  ・エストリール など女性ホルモンの総称です。
 いわゆる女性らしさをつくるホルモンです。

1.女性ホルモンはどこで作られる。


 ・卵巣で作られます。

 ・思春期から急速に増え始め20歳頃にピーク。

 ・それ以降は閉経まで徐々に減り続けます。
  50歳頃はピーク時の30%程度になります。

 ・閉経以降は殆ど作られません。
  
 

2.女性ホルモンの役割り


 ・月経の周期をコントロールします。

 ・骨を丈夫にし骨粗鬆症を予防します。
  男性にも女性ホルモンが必要です。 

 ・強力な抗酸化作用があります。
  からだを錆びさせる活性酸素(フリーラジカル)
  の働きを抑えます。

 ・皮膚の若さ(艶、肌荒れ、弾力性に必要な)
  コラーゲンが作られるのを助けます。 

 ・アルツハイマー病を予防する効果があるか
  研究中です。

3.骨と女性ホルモンとの関係


 ・女性ホルモンは閉経以降は殆ど作られないので
  女性は男性よりも骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
  にかかりやすくなります。

 ・腰の曲がったおばあさんを見かけるのも
  女性ホルモンが殆どなくなり骨が弱くなる影響です。 

 ・同年代の男性は男性ホルモンが残っており、
  一部が女性ホルモンに変わるので骨粗鬆症を免れています。



4.女性ホルモン補充療法について


 ・閉経以降の骨粗鬆症予防の為に
  ホルモン補充療法が望まれます。

 ・従来は乳がんや心筋梗塞、狭心症の
  副作用があるとされてきました。

 ・しかしSERM(サーム)と呼ばれる
  エストロゲン様製剤が日本の保険診療薬で認可されました。

 ・SERM(サーム)は
  骨を増やし、乳がん発症も抑えます。


  続きを読む → 女性ホルモン補充療法






posted by 花翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。