スポンサードリンク
umeboshi_67.jpg
kareki.gif

2012年10月23日

体がしぼまないようにする目次

→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康
             >> 心の健康
             >> 若さと健康を守るライフスタイル


体がしぼまないようにしましょう。



体内ホルモンの分泌は生まれてからどんどん増加しますが
20歳代でピークを向かえます。女性は20歳代後半、男性では35歳代後半から徐々に減り始め40代後半では20代ピーク時の半分以下に減ります。

加齢とともに減少するホルモン
メラトニン
 メラトニンは子供の様に質の良い眠りをもたらします。
 睡眠薬として用いられますが実はアンチエイジングの大切な
 ホルモンでもあります。
  詳細はこちら → メラトニン

成長ホルモン
 成長ホルモンは大人になって成長が止まっても
  健康な体の維持に必要なホルモンです。
  詳細はこちら → 成長ホルモン

・DHEA(デヒドロエピアンドステロン) 
 天然ステロイド系ホルモン。50種以上のホルモンをつくる元。
  詳細はこちら → DHEA 

・女性ホルモン(エストロゲン) 
 悲しいかな閉経後に止まってしまいまうホルモンです。
 詳細はこちら → 女性ホルモン

・男性ホルモン(テストステロン) 
  詳細はこちら → 男性ホルモン

・甲状腺ホルモン


体が萎まない生活習慣


 @バランスの良い食事
  A質の良い睡眠、
   B適度な運動
    Cストレスをためない事
     そして
     D規則正しい生活  です。

若さや、気持ち良い睡眠、抵抗力、免疫力、女性や男性らしさ、
 うつにならない心の強さなど 
  若さに象徴される人の生理作用をささえているのがホルモンです。

  ホルモンは歳とともに減少します。
   まるで誕生→成長→成熟→老化 を
    確実に起こすプログラムのように。

     これは自然なこと、仕方の無い事ですが

でも

不規則な生活や悪い食習慣を続けていると
 ホルモン分泌量が早く減少し、
  若いのに老けてしまいます。


急に老けないようにするには


 ホルモンの減少がなるべく穏やかに 
  急激に減少しないようにする為には、
 @バランスの良い食事
  A質の良い睡眠、
   B適度な運動
    Cストレスをためない事
     そして
     D規則正しい生活  です。


続きを読む
posted by 花翠 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。